実負荷点検 メリット・デメリット

負荷運転による点検には、「実負荷点検」と「擬似負荷装置を使用する点検」とがあります。
「実負荷点検」とは、自家発電設備を運転して、実際に非常時になったときに作動する消防用設備等に電力を送り、動作させることで諸要件を確認する点検のことです。
これに対し「擬似負荷装置を使用する点検」とは、自家発電設備を運転して電力を送る先を、消防用設備等から擬似負荷装置に変更して諸要件を確認する点検のことです。

それぞれの点検方法には、それぞれの特徴がありメリット・デメリットがありますので、それを見極めて事情や環境に都合の良い点検方法を選ぶのが賢明です。

それでは、「実負荷点検」のメリットとデメリットを確認しましょう。

・メリット
非常時に実際に作動する消防用設備等そのものを動作させての負荷ですから、もっとも現実的な点検です。
また、自家発電設備の点検とともに、消防用設備等の点検も同時進行的に兼ねられます。
しかも、運転のための燃料費のみが必要費用であり、擬似負荷装置を使うような付帯費用がかからないので安価に点検できます。

・デメリット
実際の非常時と同じ状況を作るわけですから、全館停電状態にしなければならず、病院や商業用施設など困難な建物が多いということです。
また、自家発電設備の定格出力と消防用設備等の負荷容量とが見合っていないケースが想定され、特に定格出力の方が大きすぎる場合、すべての負荷をかけても30%に到達しない可能性がありえます。
もしそうなれば、法令の規定を満たせないことになってしまう恐れがあります。
さらに、消防用設備等のさまざまな末端設備と連携した運転なので、複雑で細かなトラブルが発生しやすくなります。

以上が、「実負荷点検」の特徴です。