高圧自家発電設備について

電力の「高圧」と「低圧」という言葉の使用例について、二つの視点から解説してみようと思います。
といいますのは、「高圧」と「低圧」という言葉がどの場面で使用されるかによって、注意を要すケースが見受けられるからなのです。

はじめに、ふだん電力会社から供給されている商用電源について見てみます。

配電用変電所などから直に6,600V以上電圧の電力供給を受けている需要者(大口利用の法人等)が、「高圧」電力を利用していることになります。
つまり600V以上電圧の電力を受電していれば、「高圧」受電となります。

「高圧」の需要者は、自前のキュービクル受電変圧設備内で減圧して、200Vや100V電圧で使用しています。
電力会社との契約では、一般的に50kW以上の場合「高圧」契約になるようです。

これに対し、電柱に載っている柱上トランス(変圧器)で減圧されて、200Vないし100V電圧の電力供給を受けている需要者(小規模法人や一般家庭等)が、「低圧」電力を利用していることになります。
つまり600V未満電圧の電力を受電していれば、「低圧」受電となります。
電力会社との契約では、一般的に50kW未満の場合「低圧」契約になるようです。

つぎに、自家発電設備を設置して非常用電源や常用電源としている施設の、自家発電設備そのものについて見てみます。

「高圧」仕様の自家発電設備は一般的に6,600Vや3,300Vの電圧で発電し、併存された或いは別格納のトランス(変圧器)で減圧してから、消防用設備などに送電して利用するもののことです。

これに対し、「低圧」仕様の自家発電設備は一般的に400Vや200Vの電圧で発電し、減圧したりそのままで消防用設備などに送電して利用するもののことです。

商用電源を「高圧」で受電しているか「低圧」で受電しているかというテーマと、設置している自家発電設備が「高圧」仕様発電機か「低圧」仕様発電機かというテーマとが、混同されてややこしくしているようです。
「高圧」受電の施設では「高圧」仕様の自家発電設備、「低圧」受電の施設では「低圧」仕様の自家発電設備、という組み合わせが都合も良く、一般的でもあることは事実です。
しかし必ずしも、それでなければいけないわけではなく、またそれだからこそ混同や混乱が起きやすく、ややこしいのかもしれません。

さて、「高圧」仕様の自家発電設備用の擬似負荷装置は、かつては装甲車のように重厚でいかつく、使い勝手が悪く膨大なケーブルと人員と時間を要し、しかも装置の絶対数が少なかったため、巨費を必要としました。
しかし今では、最新装置を導入した点検では、技術の進歩と改良によって著しい変貌を遂げています。

結果として、作業時間も作業人員も大幅に節約できるため、点検費用が従来より画期的に低減したといわれます。